タカプラ、2018年2月12日閉店-再開発で15階建てビルに

鹿児島市天文館のファッションビル「タカプラ」(Takapla)が、老朽化と再開発のため2018年2月12日で閉館する。

タカプラ。

かつては百貨店だったタカプラ

タカプラは1936年に百貨店「大見高島屋」として開店。地場資本であったが、大手百貨店「髙島屋」と提携関係にあった。その後、一部が道路拡張のため減床されたことなどが影響し、1975年10月にファッションビル「高島屋プラザ」に業態転換した。
現在の建物はファッションビル転換時に新築された自社ビルで、売場面積は4,617㎡。
テナントとしてWEGO、ハニーズ、ローリーズファーム、サックスバー(東京デリカ)、マリオンクレープ、寿司まどか、JTBなどが出店。また、11月3日から11月26日までは期間限定で「進撃の巨人 出張兵団購買部」も出店する。

老朽化で再開発-城山観光進出、ホテル・商業の複合ビルに

タカプラ周辺では、タカプラをはじめとした地権者による「千日町1・4番街区再開発組合」が作られており、再開発後は高層階をホテル(「城山観光」が進出を検討)、低層階を商業施設を核とした15階建てのビルとなる予定。
2018年夏ごろに着工され、2020年に新ビルがオープンする計画となっている。

再開発ビルの建設予定地と位置関係(再開発組合HPより)。

追記:閉店セールは11月3日から開催される。

外部リンク:タカプラ
外部リンク:鹿児島 天文館の拠点づくりを目指して―千日町1・4番街区市街地再開発組合
関連記事:鹿児島ロフト、2016年4月1日開店-マルヤガーデンズ改装で
関連記事:山形屋バスセンター、2015年8月31日限りで閉鎖
関連記事:アクロスプラザ隼人、2018年3月開業-核店舗は「九州最大級のドンキ」

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加