赤坂ブリッツ、11月1日から「マイナビブリッツ赤坂」に-ネーミングライツ取得で

TBSテレビが運営する港区赤坂サカスのライブハウス「赤坂BLITZ」(赤坂ブリッツ)が、11月1日より「マイナビBLITZ赤坂」に名称変更する。

マイナビブリッツ赤坂(ニュースリリースより)。

11月より3年間-「毎日新聞」に起源持つTBSとマイナビ

赤坂BLITZは1996年に開業したTBSテレビ(開業当時は東京放送)が運営するライブハウス。赤坂サカスの新規開発に伴い2003年に一旦閉館したあと、2008年に赤坂サカスに再開業した。現在の収容人数は1,298人(オールスタンディング時)。
マイナビは赤坂ブリッツの命名権を3年間取得。2017年11月1日から2020年10月31日までの3年間「マイナビBLITZ赤坂」として営業をおこなうことになる。

新しいロゴタイプ(ニュースリリースより)。

マイナビはもともと毎日新聞系であり、現在も毎日新聞が株式の一部を取得。同じく毎日新聞系のTBSと起源を同じくする。

外部リンク:「赤坂BLITZ」ネーミングライツ(命名権)を取得(マイナビ)
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:三菱地所、ホークスタウン跡に「MARK IS」出店へ-Zepp福岡も復活

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加