みなとみらいに大型複合ビル、2021年夏開業-鹿島など、目玉は「最先端プラネタリウム」

横浜市西区みなとみらい21中央地区58街区(新高島駅の南西)に商業施設、飲食店街、最先端プラネタリウムなどを備えた大型複合オフィスビルが建設されることが明らかになった。

建設が予定されるみなとみらい21中央地区58街区。(写真奥)

21階建て高層オフィス、目玉は下層階の「プラネタリウム」

新たに建設される大型複合ビルは鹿島と三井住友海上火災保険、住友生命保険の3社で構成するグループが運営するもので、土地も横浜市から同グループが約87億円(公募時価格)で取得する。
建物は延床面積約80,480㎡で、21階建て(113.9m)。延床面積は8月に着工された清水建設が運営する地区最大のオフィスビルには及ばないものの、高さはそれを上回るものとなる。

新たに建設される複合ビル。横浜市ウェブサイトより。

目玉は2階に入居する「最先端プラネタリウム」(詳細未定)。
全体のフロア構成は地階は駐車場、1階は店舗や飲食店街、2階はプラネタリウムのほかデジタルプラネットカフェ、保育所など、3階はインキュベートオフィス、カンファレンススクエアなど、4階は医療モール、5階から21階は三井住友海上火災保険などのオフィスとする計画で、今後は2021年7月の完成を目指して工事が進められることになる。

外部リンク:みなとみらい21地区58街区の事業予定者を決定しました(横浜市)
関連記事:セキチュー横浜みなとみらい店、8月13日閉店-アルカエフの核店舗、近く再開発へ
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:有楽町マリオンに「コニカミノルタプラネタリウム」、2018年冬開設-映画館「日劇」跡に
関連記事:旧・横浜ブリッツ北側に「みなとみらい最大」大型オフィス着工-清水建設、2020年2月完成めざす

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加