「ハレザ池袋」内に「ニコファーレ池袋」、2019年春開業-進む旧豊島区役所・公会堂跡再開発

ドワンゴ(中央区)とポニーキャニオン(港区)は、豊島公会堂跡に建設中の大型複合ビル「Hareza池袋」(ハレザ池袋、豊島区)の中核施設の1つとして未来型ライブ劇場「ニコファーレ池袋」を2019年春に開業させる。

建設中のハレザ池袋。

進む旧豊島区役所・公会堂跡の再開発事業

「Hareza池袋」は豊島区役所・豊島公会堂跡地の再開発により誕生する複合施設で、ニコファーレが進出するのはそのうち東京建物、サンケイビルが建設し、イベントホール、劇場などが設置される予定の「(仮称)豊島プロジェクト」B敷地(池袋公会堂跡地)。
ハレザにはこの他に、オフィス、映画館「TOHOシネマズ」などが進出予定の高層棟「(仮称)豊島プロジェクト」A敷地(高さ158m)、日本最大規模のパウダールーム付き女性トイレを備えた「(仮称)豊島区民センター」なども建設される。

完成予想図(ニュースリリースより)。


現地図(ニュースリリースより)。

ハレザの中核施設に「ニコファーレ」-アニメイト本店も近接

ニコファーレは「(仮称)豊島プロジェクト」の新ホール棟1階に建設される予定で、ポニーキャニオンが運営し、ネーミングライツをドワンゴが取得。ドワンゴはコンテンツ企画や技術協力をおこなう。さらに、同フロアにはニコニコのサテライトスタジオも開設される。
ドワンゴとポニーキャニオンは「通常の音楽ライブだけでなく、最新技術とインターネットを使用したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなど、幅広いコンテンツを発信する」としている。
同地は近接地(徒歩1分)に「アニメイト池袋本店」もあり、完成時には「サブカルの街 池袋」を代表する施設となるであろう。

アニメイトの奥がハレザ建設地。

10月28日から29日まで「ハレザ特設ステージ」開催

10月28日から29日にかけてポニーキャニオン、ドワンゴと、同じくハレザ内に進出予定のTOHOシネマズ、ハレザを運営する東京建物とサンケイビルはHareza池袋のPRのため中池袋公園で「Hareza池袋特設ステージ」を開催する。

中池袋公園。将来的にハレザと連携した運営が行われる予定。

このイベントは「池袋ハロウィンコスプレフェス 2017」と連携したもので、ハレザの工事現場の仮囲いにはハロウィンラッピングをおこない、撮影スポットを設置。イベントステージには大原ゆい子、風男塾、SPARK SPEAKERらが出演する予定となっている。

外部リンク(ニュースリリース):(仮称)豊島プロジェクト新ホール棟に「株式会社ポニーキャニオン、株式会社ドワンゴ」の出店が決定 「Harezaハレザ池袋」ハロウィンイベントを出店企業とともに「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」と連携して実施(サンケイビル)
関連記事:池袋西口公園に「野外劇場」開設へ-2019年に、公園再整備で
関連記事:クレディセゾン社員「東池袋52」結成-デビュー曲は「わたしセゾン」
関連記事:KADOKAWA、東所沢に”ポップカルチャーの一大拠点”建設-2020年4月完成目指す

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加