サンリブ中津に市営の子供向け屋内公園、12月16日開設-サンリブが売場を無償貸与

大分県中津市は、JR中津駅前の総合スーパー「サンリブ中津」3階に 子供向けの屋内公園「子どもいきいきプレイルーム」を2017年12月16日に開設する。

サンリブ中津。

「屋内公園を求める声」にサンリブが無償で場所提供

サンリブ中津は1982年10月開業で、売場面積は8,896㎡。
近年は競争の激化とマルショクの経営悪化(2017年7月にサンリブと経営統合)などにより衣料・生活用品売場の売上が芳しくなく、館内の広範囲が空き床となっており、「雨の日に子供が遊べる施設を」という市民の要望を受けて中心市街地で子供向けの屋内遊戯施設を開設する場所を探していた中津市は、同店への公園開設を決めたという。

中津市による計画案。

サンリブは中津市にサンリブ中津の3階半分を無償で貸す。
サンリブ中津は3階直営売場の閉鎖などによる館内改装のため11月13日から22日まで休業しており、館内の売場も一新された。

電車の見える屋内公園として人気呼びそう

「子どもいきいきプレイルーム」の面積は約750㎡で、開設予定は2017年12月。整備費用は約4000万円で、半分は国からの補助金を利用する。
サンリブ中津はJR中津駅に隣接しており、園内には電車の見える窓も設置させるため、子供たちからの人気を呼びそうだ。

館内イメージ(中津市HPより)。

外部リンク:親子で集える屋内遊び場!~なかつ・子どもいきいきプレイルーム~(中津市、PDF)
関連記事:グループ統合決めた「マルショク・サンリブグループ」-その将来像は
関連記事:トキハインダストリー中津店、2017年6月24日開店-トキハ、中津に初出店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Xmasカミングキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加