旧・丸光百貨店郡山店、解体に-エリート42ビル、老朽化で

JR郡山駅前にある元百貨店の大型オフィスビル「エリート42ビル」の解体工事が開始された。

エリート42ビル。

築50年で老朽化-百貨店としては13年の営業だった

エリート42ビルは「丸光郡山店」として1967年12月に開店。建物は地上8階、地下2階建て。丸光はのちのエマルシェ(さくら野百貨店仙台店、2017年2月に経営破綻)の前身で、出店当時(1960年代)は釜石市、気仙沼市などに店舗網を拡大していた。
その一方で、国鉄郡山駅前には1975年前後に西友、丸井、ダイエーなどが相次ぎ出店。地場百貨店「うすい百貨店」との競争もあり、丸光は1980年に閉店し、その後は「朝日生命郡山センタービル」を経て、現在は地元不動産大手「エリート」が所有する「エリート42ビル」となっていた。

エントランスのようす。

エリート42ビルには居酒屋やオフィスなどが入居していたものの、近年老朽化による耐震性不足が発覚。ビル内からは全てのテナントが撤退し、10月ごろから解体工事が開始された。
地元紙・福島民報によると、跡地の活用方法は決まっておらず、当面は駐車場として活用されるという。

関連記事:丸井郡山店跡に「ダイワロイネットホテル郡山駅前」、2月16日開業-1~3階は商業施設に
関連記事:さくら野百貨店仙台店、自己破産-2月27日より店舗閉鎖、同名他店は影響なし

【PR】豪華商品券が当たるう!
【ワンダフルNewYearキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加