江戸東京博物館、大型改修工事で10月1日から長期休館-常設展は2018年4月、一部はそれ以降に再開

両国の都立博物館「江戸東京博物館」(東京都墨田区)が、大規模改修工事のため2017年10月1日から2018年3月31日まで(一部はそれ以降も)休館する。

江戸東京博物館。

大型改修で常設展は半年間-特別展示室はそれ以降も

江戸東京博物館は1993年3月に開館。設計は菊竹清訓で、地上7階~地下1階の高床式の建物が特徴となっている。
今回の大型改修は2015年4月に常設展示室の改装が行われて以来のこと。すでに特別展示室、ホール、楽屋については9月1日より休館している。
このうち、常設展示室(5階・6階)、図書室(7階)は、2018年4月から再開される予定。それ以外の特別展示室などの再開は4月以降になるとのことで、スケジュールの詳細は追って発表されることになる。

外部リンク:江戸東京博物館
関連記事:JR両国駅ビルリニューアル-「-両国- 江戸NOREN」、2016年11月25日開業
関連記事:両国公会堂、墨田区が解体計画を発表-跡地に「刀剣博物館」

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加