東海道・山陽新幹線、チケットレスサービス「スマートEX」9月30日開始-「交通系ICカード」と「クレカ」で乗車可能に

JR東海・JR西日本は、東海道・山陽新幹線で交通系ICカード対応新幹線チケットレスサービス「スマートEX」を9月30日午前5時30分から開始する。

必要なのは「交通系ICカード」と「手持ちのクレカ」2つのみ

スマートEXはSuicaやICOCAなど「交通系ICカード」と「手持ちのクレジットカード」の2つを登録することで、切符を持たずに新幹線指定席の予約・乗車が可能となる新サービス。乗車時には、交通系ICカードでそのまま改札を通過して乗車することができる。
新幹線発車前までは予約変更を手数料無料で何度でも行えるほか、通常期の「のぞみ」普通車指定席が窓口販売価格より200円安く購入できるなどのメリットもある。専用のクレジットカードや年会費などは必要ない。

利便性向上へ-従来は専用カードが必要だった

従来の新幹線チケットレスサービス「EX予約」は、割引率が高い年中同額の会員価格や利用回数に応じてグリーン車に乗車可能となる「グリーンプログラム」が提供されるなど根強い支持を得ていたが、ICカード「EX-ICカード」の発行やJR各社指定のクレジットカードの登録、年会費(税込1,080円)が必要であった。

記念キャンペーンを実施

JR東海とJR西日本では、9月30日から11月30日まで「スマートEX」利用者に対して、アンケートに答えると新幹線N700Aのダイキャスト製模型や特製ICカードケースが抽選で計1000人に当たるキャンペーンが行われる予定となっている。

外部リンク:【社長会見】「スマートEX」 サービス開始~平成29年9月30日(土)、新幹線のネット予約がもっと気軽に!~(JR東海)
外部リンク:新幹線のネット予約がもっと気軽に!「スマートEX」サービス開始(JR西日本)
関連記事:姫路モノレールのレール、8月7日より販売開始-大将軍駅から切り出し
関連記事:JR東日本、秋田港貨物駅まで特別列車運行-大型客船発着時の本格運転目指す
関連記事:ヨドバシ梅田とJR大阪駅、「架橋」で6月30日接続-愛称は「淀橋」
関連記事:神田鐵道倶楽部 feat.日本食堂、6月1日開店-JR神田駅で食堂車メニューなど提供

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加