セキチュー横浜みなとみらい店、8月13日閉店-アルカエフの核店舗、近く再開発へ

横浜市西区の新高島駅南側(みなとみらい21・44街区)にあるショッピングセンター「アルカエフ」の核店舗「セキチュー横浜みなとみらい店」「プラザ栄光生鮮館みなとみらい店」が8月13日に閉店した。
建物は再開発のため、近く解体される見込みだ。

セキチュー横浜みなとみらい店。

アルカエフ、一部を積水ハウスが取得-再開発へ

アルカエフは2003年4月に開店。UR都市機構、横浜市、横浜銀行などが設立した「横浜都市みらい」が所有する。
売場面積は7,621㎡で、館内にはホームセンターの「セキチュー」を核に、スーパー「プラザ栄光生鮮館」、子供服「キッズオブトレジャー」、ファミレス「ジョナサン」、NPO法人運営の「コミュニティサロンanimi」が入居していた。セキチューは同店が神奈川県唯一かつ最南端の店舗であった。

閉店案内が掲げられる。

同地は近く再開発される予定で、2016年の入札によりアルカエフの土地の大部分(ニトリ側(南側))を積水ハウスが取得。今後、建物は解体されるとみられる。
なお、ジョナサンみなとみらい店などは積水ハウスの取得エリアに入っておらず、当面は営業を継続するという。

外部リンク:セキチューみなとみらい店
外部リンク:みなとみらい21中央地区(44 街区1画地)〔横浜市西区〕土地譲受人募集について(UR)
関連記事:みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級
関連記事:スリーエフ、店舗の大半を「ローソン・スリーエフ」に転換-スリーエフ単独店舗は消滅へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加