みなとみらいに大型音楽アリーナ、2020年春開業-ぴあ運営、1万人級

チケット販売大手の「ぴあ」(チケットぴあ、渋谷区)は、横浜市のみなとみらい21地区に大型音楽アリーナを建設することを発表した。

建設予定地。現在は更地(7月20日撮影)。

1万人級-オリンピックに伴う会場不足にも寄与

ぴあが大型音楽アリーナを建設するのは横浜市西区のみなとみらい38街区。現在、土地は三菱地所が所有しており、同社から1万2000㎡を借りて建設される。
建物は地上4階、地下1階、延床面積約21,000㎡。収容人数は1万人クラスとなる。

建設予定地図(プレスリリースより)。

同社リリースによれば、民間企業の単独主導による音楽アリーナとしては日本最大のものになるといい、「民間ならではの視点から音楽業界のニーズを丁寧にくみ取り、コンサートを観る側と演じる側の双方にとって、その環境や使い勝手を最適化した、新しいタイプの音楽アリーナの実現を目指す」としている。

完成予想図(プレスリリースより)。

開業は2020年春ごろになる予定で、東京オリンピックの開催に伴う首都圏の会場不足にも一役買うことが期待される。

外部リンク:固定資産の取得(大型音楽アリーナ建設)及び賃借に関するお知らせ(ぴあ)
関連記事:日本武道館、2019年から長期休館へ-築52年で老朽化、”イベント会場不足”に拍車
関連記事:横浜アリーナ、1月12日より長期休館-大規模改修実施

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加