豊洲市場「千客万来施設」、運営主体の万葉倶楽部が撤退方針

豊洲市場に設けられる予定の観光施設「千客万来施設」の運営主体である「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)が、運営から撤退する方針であることが分かった。

豊洲市場の概略図(都商研作成)

当初の「すしざんまい」から「万葉倶楽部」に

「千客万来施設」とは、現在の築地場外市場のような物販・飲食機能に加えて、温浴・宿泊施設も備えた大型の複合商業施設。
東京都の公募の結果、当初は「喜代村」(「すしざんまい」運営企業)と「大和ハウス工業」により運営される予定であったが、条件が折り合わなかったとしていずれも2015年に撤退。再公募の末、2016年3月に、全国で温浴施設を運営する「万葉倶楽部」の運営となることが決まった。

「千客万来施設」(豊洲市場6街区)完成予想図(東京都中央卸売市場プレスリリースより)。
概略図中の「環状二号線」の文字がある辺りから見たかたちと思われる。

万葉倶楽部では、千客万来施設の運営コンセプトを「豊洲江戸前市場」と定めており、江戸の街並みを再現した飲食街と物販施設(合わせて200店舗前後の規模)、そして24時間営業の温浴・宿泊の機能も兼ね備えた建物を新築する予定で、国内外から年間193万人の来場者を見込んでいた。

館内には江戸の街並みが再現されたオープンモールも設置される予定(東京都中央卸売市場プレスリリースより)。

「築地のテーマパーク化」競合懸念-都側に違約金発生か

万葉倶楽部の撤退を報じたNHKによると、撤退を決めた要因は小池知事が豊洲に移転したあと築地を食のテーマパークとして再開発する基本方針を示したことを受け、築地と豊洲に同様の施設ができれば互いに客を奪い合うことになり、事業の前提条件が崩れたためだという。
今後、東京都側には多額の違約金が発生する可能性もある。
現在、豊洲市場本体の工事がほぼ終了しているのに対し、千客万来施設は運営者再公募の時点で開業が延期されたうえ、豊洲市場の供用開始延期により工事着工も再延期されており、更地のままとなっている。

更地のままの「千客万来施設」用地(豊洲市場5街区)。
奥に見えるのは豊洲市場「青果棟」。

関連記事:東京臨海部BRT、会社設立延期へ-築地市場の移転延期で環2線開通できず

 

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル