ファミリーマート、6月からサークルK・サンクスの「焼きとり」販売-レジ横「ファミ横商店街」設置で

ファミリーマートは、レジ横カウンター惣菜売場を「ファミ横商店街」と命名する新マーケティング戦略を6月6日以降、段階的に実施する。

目玉はサークルK・サンクスの「焼きとり」

ファミリーマートは2017年から社長直轄の「マーケティング委員会」を開催しており、5月には骨なしフライドチキン「ファミチキ」を考案した上田準二元・会長を起用した新商品「黒幕引き丼」の販売を開始するなど個性的な施策で注目を集めている。
今回の「ファミ横商店街」では、2006年10月から販売を開始した「ファミチキ」を代表する各種ホットスナックに加え、旧・サークルK・サンクスが2011年から販売を開始した店内調理の「炭火焼きとり」を4商品展開。「炭火焼きとり屋さん」「お肉屋さん」など商店街を意識したPOPを掲示することで、多様なラインナップ、価格帯の商品展開を目指すという。
ファミチキと焼きとりが並ぶ「ファミ横商店街」
(リリースより)

以前より焼鳥商品の取扱いがあるサークルK・サンクスでは6月6日から先行販売を開始、ファミリーマートでの焼鳥商品取扱開始は6月27日を予定している。(鹿児島・宮崎・沖縄除く)
消滅まであと少しとなったサークルK。

ファミリーマートは2017年2月までにサークルK・サンクスとの販売商品統合を終えており、価格訴求や品質面で定評のあった系列総合スーパー(ユニー)主導のPB商品「スタイルワン」の取扱いや、低価格店内調理惣菜「ごちそうDelica」、自社開発スイーツブランド「シェリエドルチェ」の販売を相次ぎ終了していた。
そうしたなかでの「焼きとり」販売拡大は、サークルK・サンクスに慣れ親しんだ顧客にとって嬉しい知らせとなろう。

外部リンク:新マーケティング戦略始動!~「ファミ横商店街」スタート、新キャラクター「ファミチキ先輩」登場~(ファミリーマート)
関連記事:新業態「ファミリーマート+miniピアゴ」誕生-1号店の菊名駅西店、10月6日開店
関連記事:サークルK・サンクス、約1000店を閉店へ-残る店舗はファミマに転換

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加