JR千葉駅ビル「ペリエ千葉」、9月7日Ⅱ期先行開業-千葉市初のビームス、東急ハンズなど107店が出店

建て替え工事中のJR千葉駅ビルのうち、「ペリエ千葉」Ⅱ期先行開業部分の2階〜7階部分が9月7日に開業する。
 
ペリエ千葉3階エントランスのイメージ。(ニュースリリースより)

2018年夏のグランドオープンに先立ち開業

ペリエ千葉は老朽化した千葉駅舎・旧駅ビルを建て替え、2018年夏の全面開業を目指して工事が進められている地下1階、地上7階建ての新駅ビル。
スクリーンショット 2016-08-31 22.55.57JR千葉駅(全体完成予想図、ニュースリリースより)。

そのうち、9月7日に先行開業するのは駅ビルの2階〜7階部分(下図のオレンジ部分)で、店舗面積は約14,500㎡。JR東日本子会社の「千葉ステーションビル」が運営する。スクリーンショット 2016-08-31 23.09.17ペリエ千葉の今後の開業スケジュール。
9月に開業するのはオレンジの2期部分。

もともとJR千葉駅の全面リニューアルは、2015年度には駅舎が、2016~17年度には駅ビルがそれぞれ新設される予定だったが、東日本大震災の影響により開業がおよそ1年遅れ、全体のグランドオープン予定が2018年にずれこんでいた。

ビームス、東急ハンズなど107店舗が出店

ペリエ千葉の9月先行開業フロアには107店舗が集結。
アパレルでは千葉市初進出の「BEAMS」(3階)や「nano・universe」(3階)、「URBAN RESEARCH ROSSO」(4階)などが出店。
また、生活雑貨では「東急ハンズ」(6階)が千葉市初出店となるほか、家具・インテリアの「unico」(5階)、スポーツ・アウトドアの「Columbia Sportswear」(5階)など、多彩な専門店が各フロアに出店する。
商業テナント以外としては、5階に屋上広場「えきうえひろば」や保育園「植草学園千葉駅保育園(仮) 」(2018年4月開園予定)が設けられるほか、7階に全6室の大・小会議室を備える「ペリエホール」が設けられる。

5階には屋上広場が設けられる。(ニュースリリースより)

千葉駅では新駅舎の一部が2016年11月20日に完成しており、その際に駅機能が従前の1階から3階に移動し開放感あるコンコースが設けられた。また、4月27日には駅構内の商業ゾーン「ペリエ千葉エキナカ」がグランドオープンを迎えるなど段階的なリニューアルが進んでおり、以前と比較して利便性が大きく向上しつつある。

2016年秋に開業した新コンコース。

千葉市では千葉三越、千葉パルコが相次ぎ閉店しており、2018年の駅ビル全面開業により、一層「千葉駅周辺」への集積が高まることとなる。
P1000906-
駅に隣接する千葉そごう。

ニュースリリース:新たに生まれ変わるペリエ千葉に 107 ショップが登場  ペリエ千葉(2 階~7 階) 2017 年 9 月 7 日(木)新規オープン (JR東日本千葉支社公式サイト)
外部リンク:ペリエ千葉
関連記事:JR千葉駅、11月20日リニューアル-駅機能は3階に
関連記事:千葉三越、3月20日閉店-33年の歴史に幕、”上得意様向け”小型店開設へ
関連記事:千葉パルコ、2016年11月閉店へ

関連記事:Dila津田沼、10月1日全面リニューアル-「ペリエ津田沼エキナカ」に改称

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル