クレディセゾン社員「東池袋52」結成-デビュー曲は「わたしセゾン」

クレディセゾンと関連会社の女性社員で結成するアイドルグループ「東池袋52」が5月19日に「わたしセゾン」でデビューした。

東池袋52(公式サイトより)。

かつての西武セゾングループの中核企業

クレディセゾン」は旧・西武セゾングループの中核企業で、百貨店「緑屋」を起源とする。西武セゾングループ入り後は残存店舗をセゾングループの各社に分割したのち「西武クレジット」を経て、1989年に「クレディセゾン」となった。2001年に西武セゾングループは崩壊し、現在の筆頭株主はみずほ銀行となっている。
東池袋52のグループ名はクレディセゾン本社が「サンシャイン60」の52階にあることに由来。
デビュー曲「わたしセゾン」は欅坂46のヒット曲「二人セゾン」をもじったものであり、同社による「(勝手に)アンサーソング」としている。

二人セゾン(欅坂46公式サイトより)。

東池袋52のプロデューサーは秋元康氏ではないものの、作曲をAKB48「ポニーテールとシュシュ」などで知られるタダシンヤ氏(多田慎也氏)が手掛けるなど、一流クリエイター陣を起用した。
公式サイトではプロモーションビデオも公開されている。

欅坂46「二人セゾン」との共演なるか?

秋元康氏がプロデュースする欅坂46の楽曲には「二人セゾン」のほかにも「渋谷からPARCOが消えた日」をはじめとして、セゾングループの拠点の1つであった渋谷やセゾングループを連想させるものが複数ある。

2016年8月に閉店した渋谷パルコ。

東池袋52の公式サイトによると、「わたしセゾン」のCMは「AKB48 オールナイトニッポン」「乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0」「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」でもオンエアされるという。今後、東池袋52と欅坂46がなんらかのかたちで共演する日が来るのかも注目される。
なお「わたしセゾン」のCDは「セゾン永久不滅ポイント」で交換することができるという。

外部リンク:東池袋52 公式サイト
関連記事:東急グループ、「渋谷ストリーム」「渋谷キャスト」の概要を発表-渋谷川も復活へ(サイレントマジョリティーPVロケ地)
関連記事:渋谷パルコ、建替えで8月7日閉館-2019年再開業へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加