研究所概要

都市商業研究所 概要
組織名 都市商業研究所(略称:都商研)
都市商業研究会
設立 2013年4月
本部  大阪府大阪市東淀川区
拠点
(取材記者拠点)
  • 北海道支部(北海道、開設検討中)
  • 東北支部(宮城県、代表:大学生)
  • 仙台支部(宮城県、代表:大学生)
  • 秋田支部(秋田県、代表:大学院生)
  • 首都圏支部(千葉県、代表:大学生)
  • 東海道支部(静岡県、代表:高校生)
  • 名古屋支部(愛知県、代表:大学院生)
  • 京都支部(京都府、開設準備中)
  • 大阪本部(大阪市、代表:大学生)
  • 神戸支部(兵庫県、代表:大学院生)
  • オーシャン通信室(和歌山県、代表:鉄道員)
  • 香川支部(香川県、代表:大学生)
  • せとうち通信室(香川県、代表:社会人)
  • 西部本部(福岡県、代表:大学生)
  • 筑豊支部(福岡県、代表:大学生)
  • 東九州支部(大分県、代表:大学院生)

(2016年現在)

活動内容 都市商業調査・分析
商業施設活性化、中心市街地活性化およびそれに係る事項
ニュース記事配信
主要
クライアント様
(実績)
東証一部上場企業、地域密着型企業、地方自治体、商業組合、商店街組合事務所、各種小売店舗等。
記事執筆・記事提供先(スタッフ名義の執筆含む)
:株式会社扶桑社様、株式会社ゼンリン様など
会員募集について 随時募集中です。メールにて問い合わせください。

 

みなさまへの御挨拶
1990年代以降の大店法緩和や業態革命により、中心市街地を始めとする都市の商環境はその姿を大きく変えたと言われます。
郊外シフトへの時代の流れを見極める事に失敗した都市や企業は、かつての栄光に影を落としており、課題を抱える都市が数多くあるのが現状です。
「都市の中核」として位置付けられる商業施設や商店街の弱体化は早急に解決すべき死活問題とも言えるでしょう。
それを解決すべく、2013年4月、西日本を中心とする大学生により「都市商業研究所」は誕生しました。
都商研は「利用者」「経営者(運営者)」「研究者」、複数の立場を仮定する事で、従来と異なる柔軟な発想による「街を創るヒント」を提案。
都市商業活性化を軸とした日本初の学生主体の研究組織として、都市商環境問題解決へのサポーターを目指しています。

 

研究所の方針
都市商環境問題に対する新機軸の創出を掲げ、利用者・経営者・研究者を例とする複数の立場を理解した発想を展開。
常に最善策を尽くし、豊かな都市生活を提案する事で、将来的には都市に於ける商業環境の構築に不可欠な存在を目指します。

 

沿革

2013年4月:都市商業研究所(略称:都商研)設立。
2013年6月:サイトを正式公開。
2014年8月:首都圏に進出。
2015年5月:ウェブサイトをリニューアル。

 

更新履歴

トップページをリニューアルしました
(H.27.05)
トップページをリニューアルしました
(H.27.03)
研究所概要を更新
(H.27.02.28)
実績紹介を設置
(H.26.10.)
新ロゴマークを設置
(H.26.09.)
地域別ケーススタディを設置
(H.26.08.26)
研究所概要を更新
(H.26.08.08)
簡単なご案内を設置
(H.25.10.22)
Twitter開設
(H.25.09.23)
コンテンツ追加・屋上関連
(H.25.08)
ウェブサイト開設
(H.25.06)
都市商業研究所を設立いたしました
(H.25.04)

 

社会貢献と環境への取り組み
都市商環境の調査においては原則として鉄道・バスなどの公共交通機関を利用しています。
都市の価値を持続的に発展させるために、商環境だけでなく「自然環境」の保全を目指す事もまた、都商研の責任と考えます。

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル